ケン化法で生成される石鹸と石鹸選びのポイント

ケン化法は、石鹸を組み立てる際に、使用する油脂を水酸化ナトリウムと高温でゆでる方法のことを指します。

このことによって「ケン化」と呼ばれるものが起こるので、反作用後に食塩を付け加え、水分などを分離させて石鹸を作り出します。

ケン化法の特性としては、他より工夫やコストが数多くかかりますが、自然成分を中心とした鹸ができるという点が挙げられます。

熟練した術を有する人が、数日間かけて水酸化ナトリウムや塩分を細く調整して進めていく作り方なので、期間やコストがかかってしまいます。

ただし、ケン化法で石鹸を作りあげることによって、主成分の脂肪酸や、素材の油脂においていたグリセリンやコレステロールなどをしっかり残すことができます。

これらの天然の保湿成分は、手厚く、しっかりとした洗浄力を保つのです。

そのため、ケン化法を用いることによって、評価のたかい石鹸を作成することが可能だと言えるでしょう。

現在でも、ケン化法を用いて作られている石鹸は数多く販売されています。

石鹸を購入する際には、いかなる作り方で作られているかということもチェックしてから購入すると良いでしょう。

普段使用する石鹸を選ぶ時は、何気なしに選んでいるひとがとても多いです。

但し石鹸一つでも、殺菌作用がある物や、染みを落としている物、また皮膚に影響を及ぼさない物と数多くの種々があるのです。

その為に石鹸選びは重要になるのです。

単なる石鹸と言ってしまえば汚れを落とすだけの物と見られがちですが、常々、肌荒れを引き起こしたり、カラダに与える影響もあるのです。

大切な考えは汚れを落とす事になりますが、油分を落として仕舞う物は、手荒れの原因や肌荒れに繋がります。

つまり肌ケアを忘れずに行わなくてはならないのです。

成分だけで製造されている物は、皮膚に手厚い物がとても多いですが、染みが落ちにくい物も多いです。

保湿成分包含などの物も、手荒れや肌荒れにはなりにくくなっていますが、さっぱりした感じが味わえないような物もあり、いかなる物を選べば良いのか問題なのです。

効率の良い石鹸は、用途によって選ぶ事がとても望ましく、一つでは無く、作用によって、扱う方により、種々を変えて置いて置くのが良いです。

子供の手洗い目線などには、染みがしっかり落としきるものにしたり、浴室の場合には保湿成分包含など、おんなじ物でなく、種々を変えて家に設置するのが良いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です