普段の生活で実践できるインフルエンザ予防

インフルエンザ予防は、ウイルスの侵入に対して防御策を取ることが基本です。ウイルスは空気と一緒に飛散する特徴があり、結果的には飛沫感染を誘発させます。これを防ぐためには、ウイルスが飛散している場所に行かないことが一番の理想ですが、活動的な人にとっては難しいと思われます。このため、外出中にはマスクを着用し、帰宅後にはカテキンを含む緑茶でうがいをすることは、インフルエンザ予防のためにも適切と言えるでしょう。

同じ人間であっても、インフルエンザに罹りにくい人がいるのは、免疫力や抵抗力の違いがあるためです。栄養が乏しい食事をしていて、睡眠不足や不安も蓄積すると、ウイルスの影響に対しては脆弱になってしまいます。免疫力を高めるためには、食事をインフルエンザ予防の目的も考えて作ると理想的です。

カロテンを緑黄色野菜などから摂取すると、粘膜が強化してウイルスの侵入に対して強くなります。免疫力を総合的に高めるために、ビタミンCが豊富な果物や野菜類はデザートや副菜からも摂るようにしましょう。薬膳の考えに基づく食事では、発散作用が強力な桂皮や生姜を使いますが、一般の食事ではシナモンティーや生姜湯を飲んで抵抗力を付けることもおすすめできます。

http://okusawa-seikotsuin.com/seikotsuseitai/