汗のニオイが強くなりやすいのは夏

汗のニオイは夏になると気になるものですが、これは汗の量が増えることが理由です。汗をほとんどかかない状態においては、体臭はあまり発生しないはずです。入浴後のサラサラした肌が臭わないのは当然ですが、1~2時間くらいは汗をかいてもニオイはしないでしょう。汗というのは発生してすぐにニオイが発生するものではなく、段階的に強くなっていくわけです。汗に雑菌が繁殖することで少しずつニオイが強くなっていきます。
冬場になると体臭が強くなるという方に関しては、ワキガ・スソワキガの傾向が強いかもしれません。これらのニオイは衣服を重ねて着ることで衣服内にこもってしまうのです。これらのニオイが気になる方は、アポクリン汗腺に強いデオドラントでケアしてください。入浴後、30分以内にデオドラントを使用するのがコツです。時間が経過するほど発汗によって、体臭が強くなってくるからです。
汗のニオイを抑えるためには、汗を抑える方法が一番効果的です。発汗量を抑制するためには、制汗作用のあるデオドラントを使用するのがよいでしょう。肌にしっかりと密着して発汗を抑えてくれるものを選びましょう。夏は体臭が強くなりやすいので、少し多めにデオドラントを使用するのがコツです。